アイシャドウを塗る時に注意する事

目元の化粧の中でも特に変化が大きいのがアイシャドウです。少し塗っただけで目元の印象が大きく変わるので、アイメイクの中でも影響力があり目立つ部分です。その為アイシャドウの色選びもとても大切になります。

 

アイシャドウはほとんどの場合一つのパレットに数種類の色がまとまっている事が多いです。薄い色から濃い色と分けられていて、瞼の場所によって使う色が決められています。

 

瞼の広い部分には薄い色を延ばし、目頭や目尻のほんの一部分に濃いめの色をのせる場合が多いです。選ぶ色や塗る場所を間違えると、ケバケバしいメイクになってしまうので注意が必要です。

 

特に二重の人は、濃い色のアイシャドウは塗る場所を間違えると老けた印象になりやすいので注意しましょう。パレットの中でも薄めの色を中心に使う事をお勧めします。

 

肌色がイエローベースかブルーベースかによって、似合う色味も変わって来るので自分の肌色がどちらなのかを予め把握しておく事も大切です。

 

一歩やり方を間違えると大変な事になってしまうアイシャドウですが、ラメエクステのマツエクなんかと合わせて上手に使えば目元を引き立ててくれるので自分に合う色や塗り方をマスターしておく事をお勧めします。